2017年09月27日

9月19日 火曜日 伝えたい味

次世代に「受け継いでゆきたい味(料理)」ということで、自然派くらぶ生協の食材、収穫物を使い、季節ごとに旬の食材を使った料理のレシピ作りをしています。

今日は、組合員さん3人と理事4人で、生協のキッチンで作りました。

☆なめらか 茶わん蒸し
☆大根のビール漬け
☆お赤飯
☆里芋 鶏そぼろ煮
☆味噌だれ ふろふき大根
☆出し殻つくだ煮


材料を計ったら並べたりして、まずは各料理の材料の写真撮影

IMG_0605-thumbnail2[2].jpg

IMG_0613.JPG

IMG_0611.JPG


さすが主婦です。
伊達に毎日包丁を握っていません。
てきぱきと調理をして、あっと言う間に出来上がりました。
出来上がった料理も写真撮影


試食の為のテーブルセッティング
IMG_0634.JPG

ふろふき大根は、自然派くらぶまつり(10月21日)の「食と農」のブースで出す試食品の試作です。
IMG_0628.JPG


お赤飯は、セイロで蒸した本格派です。今回は小豆ですが、ささげでも美味しいですよね。
IMG_0622.JPG


茶碗蒸しもセイロで蒸しました。普通の蒸し器でも大丈夫です。
上に乗っているのは、ほうれん草です。
IMG_0633.JPG


里芋にからまった鶏そぼろあんが最高でした。
IMG_0624.JPG


おまけのタレです。
ねぎと醤油と梅酢等を合わせた秘伝のタレをお豆腐にかけました。蒸し茄子にかけてもOKです。
IMG_0627.JPG


いただきます🙏
     ↓↓
     ↓↓
ごちそうさま🙏

お片付けタイム

おしまい

お疲れ様でした❤️




posted by 食と農 at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

9月5日 火曜日 畑作業

八王子の小比企の畑に10時に集合しました。
夏のあの暑さが無くなり、作業のしやすい季節となりました。
まずは畑の整備、草取りからです。
みんなでワイワイおしゃべりしながらあっという間でした。

スペースがあるので、ジャガイモを植えました。

それから、春に採った小松菜の種を蒔きました。

オクラから来年も蒔けるように種の採取をしました。

まだまだたくさん繁っている赤紫蘇の収穫をしました。

そして、最後にサツマイモの葉柄(ようへい)を収穫しました。
葉柄はきんぴらや煮物にすると、とても美味しくいただけます。
スーパーや八百屋さんには売っていません(私は見た事ありません)。
戦時中は大切な食べ物だったのでしょうけれど、今は普通お芋のところしかたべませんね。もったいないですね。

機会がありましたら、ぜに葉柄を食べてみてください。なんで捨ててしまうのかと思うこと間違い無しです。




posted by 食と農 at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする